アメブロ facebook twitter 橙雅チャンネル TEL. 0296-78-5441 〒309-1722 茨城県笠間市平町1108-4

CEOメッセージ

代表取締役社長 宇津伸郎

代表取締役 宇津伸郎

はじめまして、宇津伸郎と申します。私は当社を人材育成と社会貢献を会社存在の目的意義と決め設立いたしました。弊社の方針としまして、社会貢献(ボランティアや旅行会社という強みを生かした地域社会のPRや誘致活動)を通じて私とこれから仲間になる社員全員で成長し、成長の糧とさせていただいた社会に対して恩返しをするという『メビウスの輪』的経営理念を貫いていこうと心に決めております。

今考えましても、私は成功というよりは無謀ともいえる失敗ばかりを繰り返し生きてきました。・・・ただ転び続けてきたような気もします。何時も転んでおりますので、少しは転がらない歩き方も覚えてきましたが、私の中で転がらない人生(平凡に生きる人生)は転がっているよりももっと恐怖なもののような気がいたします。

『失敗』誰もが忌み嫌う言葉です。『成功』皆が手に入れたいものです。世界中には成功と失敗のどちらが多いのでしょうか。失敗した瞬間は成功した瞬間よりも格段に多いはずですが、成功は失敗の上に成り立ち失敗という土台が多いほど成功という城も盤石なものとなると私は信じたいです。その考えはいずれそれまでの失敗をすべて生かし、弊社にとっての最高の成功と他社との差別化を得られるものと期待し、お客様からの熱意や私自身が力を注ぎたい社会貢献には、利益度外視(=資産や現金が増えることするならば)で私の手間は無料という考え方で取り組むつもりでおります。

弊社はは6~8名様の旅行に特化した旅行から移動までをトータルで扱う会社として計画し設立いたしましたが、計画が時代にマッチしなくなった場合など、ご指摘を受ける時もあるかと思います。そう感じた時は、是非弊社に対する『駄目出し』をしていただき、今日よりも明日をより良い会社にしていきたいと思っております。

遅くなりましたが、この度は弊社ウェブサイトをご覧いただき誠にありがとうございます。

今までの旅行をこう変えたい!!これからの旅行はこうしたい!!という熱い考えをお持ちの方、私どもは本気で取り合いますのでご連絡お待ちしております。

会社概要

社名
橙雅交通株式会社 (だいだいみやびこうつう)
代表者
代表取締役社長 宇津 伸郎
本社所在地
〒309-1722
茨城県笠間市平町1108-4
→アクセス
TEL. 0296-78-5441
FAX. 0296-85-0105
資本金
9,500,000円
設立
2009年6月5日
従業員数
5名
役員
取締役 宇津 功
取引銀行
常陽銀行、水戸信用金庫

弊社のロゴマークについて

マスコットのビリー君

よくお客様よりご質問頂く弊社ロゴのイラストは、社長が飼っていた愛犬のビリー君です。

橙雅交通ロゴマーク私が中学一年の時に、友人宅で望まれない子として生まれてしまった子犬を、両親を説得し引き取って以降16年間私たち家族の心の支えとなってきたワンちゃんでした。

弊社立ち上げ直前のまだ寒い冬の夜、まだ一度も乗せたことのなかった買ったばかりの私の車のタイヤにもたれかかるようにして、朝方の5時頃、眠ったように亡くなりました。思えば亡くなる1週間ほど前、目も耳もよく聞こえなくなっていて散歩にもいかなくなっていたビリーが珍しく散歩に行こうと誘ってきて、いつもだったら先に好き勝手歩いて行ってしまい時々飼い主を気にして振り向くはずなのに、その日は私と並びながら昔よく散歩した道をずいぶん遠くまで歩きました。気温は小春日和で暖かかく、ゆっくりとした足取りで歩くビリーは、道端のにおいを嗅ごうともせずに、時に少し先に行く私をいつもとは反対に『もっとゆっくり歩こうよ』といった顔でちらちらとこちらを見上げていました。

私のうちではビリーはほとんど3人目の子供として育てられていましたから、ビリーもそのことを恩に感じていたのか、私達兄弟が大学や仕事で出て行ってしまっている実家をよく支えてくれていたと思います。ビリーにとって人間の成長はきっと遅く感じていて、今思えばたまに実家に帰ってくる成長してない私を見てまるで弟のように思っていたのかもしれません。

最後の散歩のときのビリーは、私の自転車に載せられうちに初めて連れてこられた時の、前カゴの中から私の顔を覗き込むようにして見上げていた何か悟った様な表情と一緒でした。あの時のビリーは、30歳を目前にしてやっと一人前になろうとしていた私を少し後ろから観て安心していたのかも知れません。

今は車に乗るのが大好きだったビリーといつまでも一緒に人生を並んで歩いていけるように当社のマスコットとしております。

アクセス

弊社へのアクセス・ルート検索

電車でお越しの方
JR常磐線友部駅北口を出て、タクシーにて約10分。
JR水戸線宍戸駅を出てタクシーにて約5分。
※事前にお電話いただければ、お迎えにあがります
お車でお越しの方
北関東自動車道・友部インターチェンジから旧笠間方面へ約300m、左手に見えます。
常磐自動車道・岩間インターチェンジより国道355線を旧笠間方面へ向かい約15分。
※駐車場5台
出発地を入力:

標章

旅行業登録
業務範囲         海外旅行・国内旅行
登録番号         茨城県知事登録 第3-595号
登録年月日        平成21年8月6日
有効期限         平成26年8月5日まで
名称           橙雅交通株式会社
総合旅行業務取扱管理者  宇津 伸郎
運送事業登録
事業の種類        一般貸切旅客運送事業
営業区域         茨城県の区域
登録番号         関自旅一 第1250号
許可日          平成22年3月15日
運行開始日        平成22年4月12日
運行管理者        宇津 功
整備管理者        宇津 伸郎

会社沿革・代表者略歴

2010年4月
一般貸切旅客自動車運送事業開始。登録許可番号・関自旅一 第1250号
2010年1月
本社を笠間市橋爪から同市平町の国道355号線沿いに移転。
2009年12月
念願の高級小型サロンバスが貸切バスとして登録許可が下りる。
2009年8月
茨城県知事登録許可番号・第3-595号にて旅行業の開始。
2009年8月
全国旅行業協会(ANTA)に加盟。
2009年6月
橙雅交通株式会社設立。
2009年5月
在職時から計画していた高級小型サロンバス製作企画に正式に着手。
2009年4月
株式会社旅人 退職。
 
2008年11月
社屋(※現社屋)の設計を株式会社パル総合設計に依頼。
2006年~退職まで
営業兼、添乗員として日本中を駆け回り理想の旅行業案を具体化していく。
2006年10月
週100時間労働を決意、自発的に最低それだけは働く事を社内で宣言。
2006年4月
旅行業のすべてが勉強できるという観点から株式会社旅人に入社。
2005年11月
難関と言われる総合旅行業務取扱管理者を免除科目なしで無事一発合格。
2005年4月
旅行会社設立に必要な資格を取得すべく専門学校(1年制)に入学。
2005年3月
自分と同じような境遇の若者に未来を提供すべく、旅行会社の設立を決意。

取扱実績

  • 一般企業
  • 官公所
  • 各種団体

※学校、公共施設、各種クラブなど

※上記は、過去に弊社と弊社代表が取り扱わせていただいた旅行取扱実績になります。

『茨城の社長.tv』 -   橙雅交通株式会社 宇津代表